”千枚通し”男も…相次ぐ電車內の事件

11月6日午前8時半ごろ、東京メトロ?東西線の門前仲町駅。

電車內で男がカバンから千枚通しのような工具を取り出し、騒ぎになった。駅周辺には、刺股を手にした警察官やパトカーも出動。東西線は一時運転を見合わせる事態に。

乗客がその恐怖を語った。

東西線の乗客の男性:
急に若い3人、4人くらいの男性が「やばいやばい、ナイフ持ってる人がいる」とか聞こえてきて、「逃げろ」っていいながら目の前をバーって駆け抜けてたんで

男性は、隣の車両から逃げてきた乗客に異変を察知し、一緒に逃げたものの、車両の連結部分で転び、足を擦りむいたという。

この記事の畫像(5枚)

騒ぎを起こした男はマスクをしておらず、近くにいた男女にマスクのことを噂されていると勘違いし、腹を立てて、工具を取り出したという。

男は、50代の自稱、電気工で、警視庁に暴力行為処罰法違反の疑いで逮捕された。

この騒ぎで乗客たちの脳裏をよぎったのは…

東西線の乗客の學生:
先日起こった“京王線の事件”をちょっと関連付けてしまいましたね

10月31日、ハロウィーンの夜。京王線?新宿行きの特急電車內で起きた“切り付け放火事件”。

17人が負傷し、刃物で刺された72歳の男性が重體となった。殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、職業不詳の服部恭太容疑者(24)。

服部容疑者が乗客の男性をナイフで刺した後、車両を歩く姿をとらえた映像では、乗客は急いで逃れようと、車両の連結部分に殺到。

服部容疑者は、人だまりに向かってペットボトルに入ったライターオイルをかけ、床に火を放ったとみられている。

服部恭太容疑者の供述:
たくさんの人を燃やして殺したかったので人だまりを狙った

服部容疑者とは、いったいどんな人物なのか?

小中學校時代を知る人:
どこの學校にでもいる、普通のまじめな生徒っていう感じですね

小中學校時代を知る人:
物靜かな感じで、目立ったような人ではないですね。ほんと?って思いました

まじめで、物靜かな印象…そんな服部容疑者を兇行に駆り立てた背景には何があったのか?

(服部恭太容疑者の供述):
仕事で失敗して友人関係がうまくいかなかった。今年6月ごろから人を殺そうと思った

失意の中、犯行を思い立ち、福岡を離れたのが7月末。最初に滯在したのは、兵庫県神戸市のホテル。そこで…

「ジョーカーに心酔」犯行までの足取り

服部恭太容疑者の供述:
神戸のホテルでバットマンの映畫を見て、あらためてジョーカーに心酔した。ジョーカーの人を殺しても何とも思わない態度に、()かれている

映畫に登場する悪役「ジョーカー」に憧れ、自分を重ね合わせることで、犯行への決意を固めたのか。

さらに8月には、東京の小田急線車內で男が刃物を振り回し、乗客10人がけがをするという事件が発生。

服部恭太容疑者の供述:
小田急線の事件を見て、これだと思った。電車內に人がたくさんいるハロウィーンの日を狙った

この時點で、犯行を「10月31日?電車內」と決めたとみられる。

9月末からは、東京?八王子のホテルを拠點に犯行の準備をしていたと見られている。10月16日には、ライター用のオイル、10缶を上野の専門店で購入。ホテルの部屋からはその空き缶が20本近く見つかっている。ジョーカーに似せたコスチュームは、10月中頃、新宿の百貨店を回り、約20萬円で購入したという。

事件の6日前には、渋谷の美容院で髪を染めていたことも新たにわかった。

そしてハロウィーン當日…

午後7時54分。調布駅まで移動し、新宿行きの特急電車に乗り込んだ。

服部恭太容疑者の供述:
特急は、走行時間が長いから乗った。上りの方が人が多いから乗り換えた

そして電車が動き出すと…

10両編成の3號車で、72歳の男性乗客の胸を刺し、5號車まで移動。そこで液體をまいて火を放った。

一瞬にしてパニック狀態に陥った車內…

「赤ちゃんがいるんです!」脫出の一部始終

京王線事件當時の乗客の女性:
本當に恐怖でした。小田急の事件があったり、新幹線の事件があったのを知っていたので

1歳の赤ちゃんをベビーカーに乗せて乗車していたという女性が、緊迫の一部始終を明かしてくれた。

京王線事件當時の乗客の女性:
ぞろぞろ、こう人が、波が押し寄せてきて、何名かの方に、逃げてる最中に「何が起きたんですか?」って聞かれたんですね。でも、私自身もわからなくて

理由もわからず、女性もベビーカーを押しながら隣の車両へと逃げたという。ところが連結部分で、ベビーカーが引っかかってしまった。

京王線事件當時の乗客の女性:
「赤ちゃんがいるんです!」っていうこと、聲をあげたら、ひとりの女性が一緒に運びますって手伝ってくれて

若い女性に助けられ、ベビーカーを置き、赤ちゃんを抱きあげて一緒に逃げたという。

外に出られずパニック狀況となった車內。電車が駅に到著してもドアが開かない…女性もこじ開けた窓から外に出たという。

京王線事件當時の乗客の女性:
窓から脫出するときも、先にその女性の方が私の荷物を持って窓から逃げてくれて、「赤ちゃんを受け取ります」と言ってくれて、その方に受け渡した感じですね

「逃げられない狀況に恐怖感じる」

恐怖の體験をした女性は、それ以降、後遺癥に悩まされていると明かす。

京王線事件當時の乗客の女性:
密室、エレベーターとか逃げられない狀況にすごく恐怖を感じて…この1週間、そこまで外出できていない

NPO法人「あなたのいばしょ」理事長の大空幸星氏はこう述べる。

NPO法人「あなたのいばしょ」理事長 大空幸星氏:
車內の映像とかを見て不安を感じるという方はいらっしゃる。相談窓口を積極的に利用してもらうとか、そういう相談できる場所があるということをお伝えしたい。

(「Mr.サンデー」 11月7日放送分より)