韓國警察庁の長官が16日、島根県の竹島に上陸した問題について、松野官房長官は17日の記者會見で「到底受け入れることができない」と批判した。

韓國警察庁の金昌龍長官は16日午前、島根県の竹島に上陸し、現地に派遣している警察官を激勵した。これに対し、松野長官は17日の會見の中で、「諸般の狀況から上陸が行われたものと考えられるが、現時點で韓國政府から確認は得られていない」とした上で、「上陸が事実であれば、竹島が歴史的事実に照らしても、かつ國際法上も明らかに日本固有の領土であることに鑑み、到底受け入れることができず、極めて遺憾だ」と述べた。

また、韓國政府に対し15日に、上陸計畫の中止を申し入れたほか、16日にも改めて厳重に抗議したことを明らかにした。