「どんな時も、あらゆる人がファッションを楽しめるように」。
服選びに悩みを持つ人の、そんな思いに応えた。

當たり前に「著たい服」が選べるように

東京?渋谷區にあるアパレル企業で行われた、新作の試著會。
參加したのは、生まれつき身長が低い人や車いすを利用する人たちだ。

この記事の畫像(11枚)

アダストリア ゼネラルサポート山形?鈴木大輔さん:
誰しもが「きょうこれ著たいな」、「あしたこれ著ていこうかな」と、何も疑問とか不満を思わず、何でも手に取れる世の中になっていったらいいなと思います。

例えばこのジャケットやパンツは、生まれつき身長が低い人が普段使いできるようデザインされている。

伸縮性の高い生地を使用するなど、著やすさにこだわった。

牟田浩一さん(26):
どうせ自分が著られる服なんてないだろうと思ってたから。きょうまでファッションに無頓著というか関心がなかったが、成人男性のかっちりした服に憧れていて、積極的に著たいなと。

今回の服を制作したのは、グローバルワークなどを展開する『アダストリア』。

アダストリア マーケティング本部?坂野世里奈さん:
病気でも入院中でも介護でも、どんなときでも全ての人がファッションを楽しめる。“Play fashion!”とあるが、そういう気持ちを持てるようになったらいいなと。

「白い服」の悩みは素材や形で解決

あらゆる人にファッションを楽しんでほしいと企畫されたこれらの服は、いずれも服選びに悩みを持つ社員の聲をもとに制作された。

山形市內にあるアダストリアの事務所で働く、鈴木大輔さん。
今回の企畫に意見を出した社員の1人だ。

アダストリア ゼネラルサポート山形?鈴木大輔さん:
五體満足に比べると、すんなりとはいかないですね。

鈴木さんは、高校卒業目前にスノーボードで転倒し、首の骨を骨折。首から下にまひが殘った。車いす生活になってから12年。そんな鈴木さんがこだわった點は…。

アダストリア ゼネラルサポート山形?鈴木さん:
車いすのタイヤと擦れるところに、本體の素材とは違うナイロン製のものを採用して、汚れづらいものにしました。今まで汚れを気にして著られなかった白を今回採用しています。

車いすを操作するときにつく汚れや、袖の長さを考慮。

裾がめくれないよう、スリットも入れている。

好きな時に好きなものを著る

10月に行われた試著會でも、反応は上々だった。

小澤綾子さん(39):
ここ(袖口付近)がやっぱり黒くなっちゃうのが結構イヤで、白いトップスはなかなか選ばなかったが、白いトップスが著たくなりました。

「著られる服」を選んでいたという參加者も、ファッションに対する「著たい」という気持ちを刺激されたよう。

アダストリア ゼネラルサポート山形?鈴木さん:
障害があると「やりたいときにこれができない」というのがたくさんあって、それを解消するとなるとなかなかできないが、そのコンテンツのひとつとして、ファッションで好きな時に好きなものを著られると、住みやすい環境になるのかなと思っています。

(「Live News α」11月19日放送分)