羽毛布団やダウンのウエアは「肌に直接」が鉄則

朝晩の冷え込みが増し、布団の中まで寒さを感じる季節になった。寢る際に毛布や羽毛布団を使い始めた人も多いはず。

ところで、羽毛布団と毛布を重ねてかけるとき、どちらを上にするかで溫かさが違ってくることを知らない人が意外と多いようだ。

この記事の畫像(3枚)

一般的に毛布を羽毛布団の上にし、羽毛布団と接するようにして寢た方が、布団の中が溫かくなると言われている。

羽毛布団は體溫を感知してふくらみ、保溫性を高める性質がある。しかし、羽毛布団と體の間に毛布があると、この効果を遮斷してしまう。

そのため體の上に直接、羽毛布団をかける方が溫かさを感じやすいというわけだ。

これにはさらなる裏ワザが。溫かさをパワーアップさせたい場合は毛布を體の下に敷き、身體の上に羽毛布団をかけるのだ。そうすると、體から放出される熱が下でも受け止められるため、保溫効果が上がる。

これからさらに寒い季節がやってくる。毛布の順番を変えながら、寒い夜も溫かくぐっすり眠れる対策を。

出典:ウェザーニューズ

(東海テレビ)