「カロリーを速攻カット」などとうたっていた、ダイエットサプリメントに行政処分。

消費者庁から景品表示法違反で再発防止などの措置命令を受けたのは、ダイエットサプリメント「4D」を販売する、株式會社シーズ?ラボ。

「食事の気になるカロリーを速攻カット」、「食べ過ぎてもなかったことに」などと自社のウェブサイトでうたっていたが、その根拠は確認されなかったという。