プレスリリース配信元:株式會社Minoru

~一方で「ローンが組めるか不安」など現実的な聲も~

 家賃を払い終えるとマイホームになる譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家(R)」を展開する株式會社Minoru(本社:東京都渋谷區、代表取締役:森裕嗣)は、フリーランスで年収600萬円以上かつテレワークを行っており將來マンションマイホームを欲しいと思っている方106名を対象に「フリーランスのマイホーム(マンション)購入」に関する意識調査を実施しました。



サマリー






調査概要

調査概要:「フリーランスのマイホーム(マンション)購入」に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月8日~同年11月10日
有効回答:フリーランスで年収600萬円以上かつテレワークを行っており將來マンションマイホームを欲しいと思っている方106名


6割以上のフリーランスが、コロナ禍を経て「マンションマイホーム購入への意識」が高まったと回答

 「Q1.あなたはコロナ禍を経て、マンションマイホーム購入への意識が高まったと感じますか。」(n=106)と質問したところ、「非常に感じる」が19.8%、「少し感じる」が42.5%という回答となりました。

Q1.あなたはコロナ禍を経て、マンションマイホーム購入への意識が高まったと感じますか。
?非常に感じる:19.8%
?少し感じる:42.5%

?あまり感じない:28.3%
?全く感じない:9.4%


マイホーム購入意識が高まった理由、「家にいる時間が増えたから」、「テレワークが増え、居住地の幅が広がったから」など

 「Q2.Q1で「非常に感じる」「少し感じる」と回答した方にお聞きします。マンションマイホーム購入への意識が高まった理由を教えてください。(複數回答)」(n=66)と質問したところ、「家にいる時間が増えたから」が75.8%、「テレワークが増え、居住地の幅が広がったから」が51.5%、「住まいへのこだわりが増えたから」が42.4%という回答となりました。

Q2.Q1で「非常に感じる」「少し感じる」と回答した方にお聞きします。マンションマイホーム購入への意識が高まった理由を教えてください。(複數回答)
?家にいる時間が増えたから:75.8%
?テレワークが増え、居住地の幅が広がったから:51.5%
?住まいへのこだわりが増えたから:42.4%

?その他:3.0%
?特にない:0.0%


テレワークに必要な住まいの要素、第1位「周辺地域の靜かさ」、第2位「間取り/広さ」

 「Q3.あなたがご自身の家でテレワークを実施する上で、住まいに必要だと思う要素があれば教えてください。(複數回答)」(n=106)と質問したところ、「周辺地域の靜かさ」が59.4%、「間取り/広さ」が56.6%、「機能/設備面」が50.9%という回答となりました。

Q3.あなたがご自身の家でテレワークを実施する上で、住まいに必要だと思う要素があれば教えてください。(複數回答)
?周辺地域の靜かさ:59.4%
?間取り/広さ:56.6%
?機能/設備面:50.9%

?セキュリティ面:46.2%
?仕事部屋の日當たりの良さ:39.6%
?価格:39.6%
?周辺施設:37.7%
?立地:34.0%
?階數:22.6%
?その他:1.9%
?わからない:0.0%
?特にない:1.9%


「仕事をするスペース」、「Wi-Fi環境」などの聲も

 「Q4.Q3で「特にない」「わからない」と回答した方以外にお聞きします。Q3で回答した以外に、住まいに必要だと思う要素があれば教えてください。」(n=104)と質問したところ、「仕事をするスペース」「速度の速いWi-Fi環境」など73の回答を得ることができました。

<自由回答?一部抜粋>
?46歳:仕事をするスペース。
?48歳:速度の速いWi-Fi環境。
?50歳:部屋數。
?29歳:買い物に出かける際の便の良さ。
?32歳:景色の良さ。
?50歳:収納箇所の多さ。


81.7%のフリーランスが、「テレワークを実施する上で必要な要素は、今後マイホームの購入時に影響する」と回答

 「Q5.Q3で「特にない」「わからない」と回答した方以外にお聞きします。テレワークを実施する上で住まいに必要だと思う要素は、今後マンションマイホームを購入する際にも影響すると感じますか。」(n=104)と質問したところ、「非常に感じる」が31.7%、「少し感じる」が50.0%という回答となりました。

Q5.Q3で「特にない」「わからない」と回答した方以外にお聞きします。テレワークを実施する上で住まいに必要だと思う要素は、今後マンションマイホームを購入する際にも影響すると感じますか。
?非常に感じる:31.7%
?少し感じる:50.0%

?あまり感じない:14.4%
?全く感じない:1.0%
?わからない:2.9%


マイホーム購入のハードル、第1位「初期費用が大きくかかる」、第2位「気軽に引っ越しができない」

 「Q6.あなたが現在、マンションマイホーム購入のハードルになっていると感じるものがあれば教えてください。(複數回答)」(n=106)と質問したところ、「初期費用が大きくかかる」が40.6%、「気軽に引っ越しができない」が34.9%、「多額な初期費用がかかる」が32.1%という回答となりました。

Q6.あなたが現在、マンションマイホーム購入のハードルになっていると感じるものがあれば教えてください。(複數回答)
?初期費用が大きくかかる:40.6%
?気軽に引っ越しができない:34.9%
?多額な初期費用がかかる:32.1%

?住宅ローンが通りにくい:31.1%
?隣近所との人間関係が心配:28.3%
?家賃以外にも家全體の維持費が必要:27.4%
?固定資産稅等の稅金面:26.4%
?地震や臺風などの災害のリスク:25.5%
?居住費を下げられない:20.8%
?予算が足りない:20.8%
?その他:5.7%
?わからない:1.9%
?特にない:10.4%


「ローンの完済年齢」、「ローンが組めるか不安」などを懸念する聲も

 「Q7.Q6で「特にない」「わからない」と回答した方以外にお聞きします。Q6で回答した以外に、持ち家購入のハードルになっていると感じるものがあれば教えてください。(自由回答)」(n=93)と質問したところ、「ローンの完済年齢」「ローンが組めるか不安」など62の回答を得ることができました。

<自由回答?一部抜粋>
?58歳:ローンの完済年齢。
?36歳:家族構成の変化。
?32歳:自営業なのでローンが組めるか不安。
?52歳:親の介護。


7割以上のフリーランスが、「3年間の賃貸後に購入する方法」に興味

 「Q8.あなたは3年間は賃貸(+頭金貯蓄)として住み、3年後、住宅ローンを組んで購入という新しい購入方法があったら利用したいですか。」(n=106)と質問したところ、「非常に利用したい」が19.9%、「少し利用したい」が50.9%という回答となりました。

Q8.あなたは3年間は賃貸(+頭金貯蓄)として住み、3年後、住宅ローンを組んで購入という新しい購入方法があったら利用したいですか。
?非常に利用したい:19.9%
?少し利用したい:50.9%

?あまり利用したくない:21.7%
?全く利用したくない:7.5%


賃貸から住居購入の仕組みを利用したい理由、「住環境、利便性等住んでみないとわからないので」や、「トライアル的な居住ができるから」などの聲

 「Q9.Q8で「非常に利用したい」「少し利用したい」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。(自由回答)」(n=75)と質問したところ、「馴染めなかったら引っ越せる」や「住環境、利便性等住んでみないとわからないから」など55の回答を得ることができました。

<自由回答?一部抜粋>
?57歳:住環境、利便性等住んでみないとわからないので。
?62歳:トライアル的な居住ができるから。決心が変わってもダメージが少なそう。
?65歳:実際に住んでみないと判らない要素(買い物等の施設の至便さ、近隣の人間関係等)もあるので、試しに居住するというのもいいと考える。
?43歳:住んで検討する期間があるのは嬉しい。


まとめ

 今回は、フリーランスで年収600萬円以上、かつ、テレワークを行っており將來マンションマイホームを欲しいと思っている方106名を対象に、「フリーランスのマイホーム(マンション)購入」に関する意識調査を行いました。

 まず、62.3%のフリーランスが、コロナ禍を経て「マンションマイホーム購入への意識」が高まったと回答しました。その理由として、「家にいる時間が増えたから」、「テレワークが増え、居住地の幅が広がったから」などの聲が挙がりました。

 次に、テレワークを実施する上で、住まいに必要だと思う要素については、、第1位「周辺地域の靜かさ」、第2位「間取り/広さ」という結果になりました。その他にも、「仕事をするスペース」や「Wi-Fi環境」などの回答も見受けられました。また、81.7%のフリーランスが、「テレワークを実施する上で必要な要素は、マンションマイホームの購入にも影響すると」回答しています。

 さらに、マンションマイホーム購入のハードルについて質問したところ、第1位「初期費用が大きくかかる」、第2位「気軽に引っ越しができない」という結果に。他にも、「ローンの完済年齢」、「ローンが組めない不安」などの聲も挙がりました。

 最後に、3年間は賃貸(+頭金貯蓄)として住み、3年後、住宅ローンを組んで購入するという新しいマンションマイホーム購入方法について質問したところ、70.8%のフリーランスが「利用したい」と回答しています。その理由としては、「住環境、利便性等住んでみないとわからないので」や、「トライアル的な居住ができるから」などの意見が挙がりました。

 今回の調査により、テレワーク中心のフリーランスにとって、住環境を整えることが非常に重要だということが分かりました。コロナ禍を経て、マンションマイホーム購入への意欲が高まってはいるものの、資金力や自由度を考えると、住宅購入に踏み切るのは容易ではありません。また、大きなハードルとなっているものとして、ローンの利用可否があります。キャッシュだけではなかなか購入できない以上、ローンを組むことは必要です。これらが容易になる選択肢というのは、フリーランスにとって魅力的と言えるでしょう。


譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」:https://minoru-ie.jp/ 



株式會社Minoruが運営する「家賃が実る家」は、マイホームを希望されるユーザーへ、借りながら持ち家にできるという新しい「住」を提供しております。入居を希望するユーザーがスマホ上で「家を建てたい場所」「間取り」「外裝?內裝」「設備オプション」を選び、オリジナルの家をプランニングすることができます。そして新築した住宅に入居し、一定期間家賃を払うことで最終的にマイホームになるという住宅取得の新しい仕組みです。
「家賃が実る家」は、住宅ローンではなく賃貸契約になる點が最大の特徴で、入居者は住宅ローンを組むことなくマイホームを持つことができます。また「家賃が実る家」では、入居者が確定した新築戸建て案件に対し、投資家(オーナー/大家)をマッチングします。 投資家は原則「家賃下落無し」「空室リスクなし」で、平均利回り7~8%の投資をすることができます。 當社は、住みたい家をプランニングするWebプラットフォームを提供し、譲渡型賃貸住宅という唯一無二のシステムで投資家と入居者をマッチングしています。


會社概要

會社名  :株式會社Minoru
設立   :2019年9月30日
代表取締役:森 裕嗣
所在地  :〒150-0001 東京都渋谷區神宮前4-26-28 原宿V2ビル2階
事業內容 :譲渡型賃貸住宅事業
URL   :https://minoru-inc.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の內容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式會社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品?サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業?団體にご連絡ください。