政府は臨時國會を12月6日に召集する方針を國會に伝えた。今年度の補正予算案や新人議員らに在職1日で満額100萬円が支給されたことが問題となった「文書通信交通滯在費」を日割り支給に改めるための法案などについて審議される見通しだ。

松野官房長官は、衆參両院の議院運営委員會理事會に出席し、臨時國會を12月6日に召集する方針を伝えた。臨時國會では18歳以下への10萬円相當の給付などの経済対策を盛り込んだ
今年度の補正予算案が審議されるほか、國會議員に月額100萬円支払われる「文書通信交通滯在費」いわゆる「文通費」を日割り支給に改めるための歳費法の改正についても協議される見通しだ。

また臨時國會では、岸田総理大臣の所信表明演説や與野黨の代表質問が行われるほか、衆參両院での予算委員會が開かれる予定で、第二次岸田內閣発足後、初の本格論戦が展開される。