橫浜市で車がバス停に突っ込み、男女4人が死傷した事故で、車がおよそ30メートル手前の
交差點から歩道に乗り上げていたことが新たに分かった。

送検される佐藤次守容疑者(71)(午前9時ごろ 戸塚署)
この記事の畫像(21枚)
事故が起きた現場(25日午後 橫浜市戸塚區)

佐藤次守容疑者(71)は、25日午後、橫浜市戸塚區で、ワンボックスカーを運転中、歩道に乗り上げたあと、バス停にいた男女4人をはね死亡させるなどした過失運転致死傷の疑いが持たれている。

現場から100メートル離れた場所の防犯カメラには、ゆっくり走行する佐藤容疑者の車が捉えられていた

その後の調べで、佐藤容疑者の車が、現場からおよそ30メートル手前の交差點で車列から外れ、歩道に乗り上げていたことが新たに分かった。現場にブレーキ痕はなかった。

佐藤容疑者は、仕事で東京から鎌倉に向かう途中で、「事故を起こしたことは間違いない」と
容疑を認めていて、警察が事故の詳しい原因を調べている。

この事故で亡くなった渋谷幸恵さん(56)の夫?貴寛さん(59)は、26日、取材に対して、「午後2時半すぎに幸恵に電話をしたけれど出なかった。幸恵は仕事に行くのに、いつもあのバス停を使っていた。運転手には免許を返してほしい」と涙ながらに訴えていた。

佐藤容疑者が運転していたワンボックスカー(25日午後)