第50回ベストドレッサー賞の授賞式が12月2日 都內で行われ、蕓能部門で田中圭(37)さん、吉岡里帆(28)さんが選出された。

吉岡さんは、美しいデコルテがあらわになった黒のドレスで登場。この姿に、田中さんは「エレガントで可愛らしい」と評した。

第50回 ベストドレッサー賞授賞式 東京?渋谷
この記事の畫像(22枚)

2021年で50年を迎える、年末恒例「ベストドレッサー賞」の授賞式。

ファッションセンスだけでなく、獨自の生きるスタイルを持ち、それが支持されている、粋な生き方をしている人という観點から7人が選ばれた。

田中圭:
自分への刺激にもなりますし、2021年色々あったんですけど。この師走に入って、こういうすてきなスタートを切れたというのは、すごくハッピーだなと思っています

田中圭さん

吉岡里帆:
歴史のある華やかな賞で、とても光栄に思っています

吉岡里帆さん

そのほか學術?文化部門は、2020年1月にくも膜下出血で倒れ、闘病後復帰した作家の伊集院靜(71)さん、特別賞にフリーキャスターの草野仁(77)さんが選ばれた。

(めざましテレビインタビューへ続く)

吉岡里帆のドレス姿に「本気出してきたな」

授賞式後、田中圭さん、吉岡里帆さんの2人に、めざましテレビが単獨インタビュー。

渡邊渚アナウンサー:
受賞おめでとうございます

田中圭?吉岡里帆:
ありがとうございます

めざましくん人形を手に、お辭儀をする2人。まずは、授賞式でのお互いの衣裝を見た時、率直にどう思ったのか、感想を聞いてみると…

吉岡里帆:
とってもお似合いです

田中圭:
ありがとうございます!

一方の田中さんは、デコルテ露わなドレス姿での吉岡さんの入場シーンに觸れ…

田中圭:
(吉岡さんが)登場した瞬間に、「あっ!吉岡里帆、本気出してきたな」

噂の吉岡里帆さん入場シーン

田中さんの獨特な褒め言葉に、吉岡さんも爆笑。

田中圭:
あ~ぁっていう。もうエレガントで、でもかわいらしく。もう全力で來たなっていう

エレガントでかわいらしくて…

吉岡里帆:
いやもぅ、全力なのがバレて…(笑)

照れ笑い

恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべる吉岡さん。

年末「オツカレした!」 大好きな“すき焼き”を好きなだけ

続いて、ベストドレッサー賞は年末恒例ということで、「年末の恒例にしていること」を質問。

吉岡里帆:
うちの実家は、すき焼きを食べます、毎年。すき焼きがすっごく好きで。実家のすき焼きが特に好きなんですよ。けっこう楽しみにしています。ご飯もいっぱい食べます

年末の「すき焼き」が楽しみ

渡邊渚アナウンサー:
もう年末は?

吉岡里帆:
年末はもう「オツカレした!」という感じで(笑)好きなだけ年末は食べようって決めているので…

田中さんには、「ベスト」にちなんだこんな質問。

渡邊渚アナウンサー:
今年1年でベストを盡くしたことは?

田中圭:
うーん…。まあ特にないですね…。自分で自分を唯一褒めるとしたら、今年1年、とにかくセリフが多かったです

絞り出した答えは、「たくさんセリフを覚えたこと」。

それもそのはず、田中さんは今年、ドラマやバラエティーと出演作が続き、映畫だけでも全6作品に出演している。

田中圭:
今までに比べると、セリフを覚えるということに関しては、特に頑張った1年じゃないかなと思いますけど。まぁしいて言ってもそれくらいですね

田中圭「ご飯粒がつかないように配慮」とは…?

最後に、「ベストドレッサー賞」を受賞した2人に、服裝で気をつけていることを聞いた。

吉岡さんのエレガントでありながら可愛らしいドレス姿

吉岡里帆:
丈感。身長が低いのもあって、すごく著たかったズボンとかも、丈が長いことが多くて。そこは面倒くさがらずに、ちゃんと丈直しをする

田中圭:
お米の粒がつかないように気をつけています

田中さんのファッションとはずれた回答に、思わず「食べるとき?」と聞き返してしまう渡邊アナ。

田中圭:
食べるとき。すごくカッコいい服とかさ、たまに「お前なんで(お米の粒が)ココついているの?」みたいなのあるじゃん?

すると、隣で聞いていた吉岡さんは「私はないです!」ときっぱり否定。

田中圭:
いやいや!それ、気付いていないんだって。あるんだよ

吉岡里帆:
気付かない間に、私、ごはん粒をつけてるんですかね?

田中圭:
つけているっていうか、ついちゃうのよ。ごはん粒って…

笑いが止まらない吉岡さん

田中さんの不思議発言に、笑いが止まらない吉岡さんだった。

(めざましテレビ 12月3日放送分より)